DTM初心者集まれ!~youmu流DTM~ver.2

DTM機材レビュー、打ち込み、ギターなどなど

オーディオデータとは?〜DTMを始める前に〜

オーディオデータとは?〜DTMを始める前に〜

はい、次はオーディオデータです。

MIDIも大事ですが、オーディオデータにも
メリットがいっぱいあります。

どちらも使えるようになれば作業効率は何倍にもなるでしょう。

スポンサーリンク

曲を完成させるには最終的にオーディオデータにする!

DTMでの曲作りには基本的に

  • MIDIを扱う
  • オーディオを扱う

の2種類の方法があります。

なので必ず両方の長所、短所を知っておきましょう。

また、DAWソフト(後で説明)には
オーディオデータを扱うことが得意なソフトもあるので、
知っておいて損はしません!

ちなみに、作った曲を配信サイトにアップしたり
ipodにいれて楽んだり、CDを作るには、
オーディオデータで完成させる必要があります。

mp3とか、wavって聞いたことありません?
あれがオーディオデータです^^

オーディオデータを理解する

前回のMIDI説明の記事でも言ったように、

オーディオデータは音そのものです。

ピアノのデータならピアノの音しかならないし、
フレーズも部分的に編集は出来ません。
(本当は出来なくはないですが、今は気にしないでください。)

例えば皆さんがお持ちのipodには
好きな曲のファイルが入っていますよね?

その曲の『ソロだけ』を変えたいと思ってもそれは無理というものです。

だってそれはプロの方がスタジオで
レコーディングした音そのものですからね。

DAWソフト上でオーディオデータを表示すると
最下部の画像のように波?のような表示がされます。
(波形ともいいますね。)

画像だとこんな感じ(クリックで拡大)
オーディオ画面

オーディオデータでの曲作り

MIDIを使う以外で、
曲を作る方法はオーディオデータを扱うことになります。
その中で具体的な方法としては大きく2つ。

  • 楽器を実際に演奏し、録音したデータを使用する
  • オーディオ素材(ループ素材、ワンショットデータ)を使用する

この2つです。

楽器を実際に演奏し、録音したデータを使用する

読んで字の如く、
実際に楽器を演奏し録音して使う方法です。

ノートパソコンならスタジオに持って行って、
バンド全員での録音なども出来ちゃいます。

録音したデータは編集可能ですので、
家に帰ってから細かい部分の修正をかけていけば
クオリティはぐっと高まるでしょう。

オーディオ素材(ループ素材、ワンショットデータ)を使用する

オーディオ素材についてですが、
これは個別に説明記事を書きます。

今のところは「プロやエンジニアの方が演奏したデータ」で、
「自分の曲に使用することができる」ってことを覚えといてください。

コピー&ペーストで曲作りが出来ます。便利ですよね~^^

じゃあMIDIと比べてメリット、デメリットはなんなのか?
以下にまとめてみました。

スポンサーリンク

メリット

録音環境があって楽器の演奏が出来るなら便利
(特にギター、ベースの弦楽器)

自分でできる楽器は自分で演奏した方が
ニュアンスや生楽器らしさが出せるのでおすすめします。

人間らしい演奏をMIDで再現するのは結構大変です。

そこで録音したデータを使用します。

これはもともと人間が演奏したものなので
ちょこっと調整さえしてやれば、
作業時間的にも短縮することが出来ます。

ループ素材やワンショットデータを使えば簡単に曲の土台が作れる

上で言う後者の方法になります。

初心者の方はまず素材を貼り付けて
どのように曲が構成されているか知るのも、いい勉強になると思います。

この方法はプロでもやってることなので
ズルイことでも何でもないです。

後で自分録音したデータや
打ち込んだ物に差し替えるまでのつなぎにも使えます。

デメリット

音色の変更が出来ない

便利なループ素材などをもつオーディオデータですが、
ループ素材は自分の気に入った音を探すのが大変です。

MIDIは細かい調整も部分的に出来ますが、
オーディオは同じフレーズの違う音色の素材を探さなくてはいけません。

頼りすぎるとMIDIや、
音源の扱いが自分で出来なくなる

当然ですが、あまり素材頼みになると
MIDIや音源の扱い方がおろそかになります。

「このキーボードの音かっこいい!」
と思っても素材に似た音がなければ終了です(´д`;)

MIDIで音源の扱いを知っているなら、
自分でその音を作れないか試行錯誤が可能です。
(※詳しくは音色を作る記事で説明します)

自分で楽器を演奏して録音する場合、技術が必要

楽器を触ったことのない方が、
いきなり演奏しての録音は厳しい物があると思います。

技術的にやはり練習が必要ですね。

それと、録音すると自分では気づかないミスや
リズムのずれなどがはっきりするので、
納得いくまで何回もやり直しになることもザラです。

一応後の編集作業で多少の修正は可能ですが、
「音を間違えた!」とかはどうにもなりません。
録音の宿命ですねwww

今回まででMIDIデータ、オーディオデータ両方の
メリット・デメリットを簡単に説明しましたがいかがでしたか?

どちらにも使える場面があるので、
用途にあった使い方を考えてください。

MIDI、オーディオの両方を使いこなすことが出来れば
どんな曲でも作れると言っても過言ではありません。

これからそれぞれの用途を
僕が今まで知ったことを交えながら
詳しく紹介していきますので楽しみにしていてください。

今回はここまで。お疲れ様でした~。

→次の記事はこちら
→DTM機材やソフトの接続を攻略する〜機材の接続順教えます〜

LEAVE A REPLY

*

おすすめ音楽レビュー!

More

DTM初心者向け記事はこちら

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。
17570

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。

以前から気になってたトラックボール。 で、こないだついにケンジントンの SlimBlade Trackballをゲットしてきたyoumuだよ。 せっかくなので使った感想や DTMでの操作的にはどうなのか? ってとこも話しておく...
More
Return Top