DTM初心者集まれ!~youmu流DTM~ver.2

DTM機材レビュー、打ち込み、ギターなどなど

ストリングスの基本的な演奏方法5つを覚えとこ!〜ストリングス基礎知識3〜

ストリングスの基本的な演奏方法5つを覚えとこ!〜ストリングス基礎知識3〜

ストリングス打ち込み回第3回目。

ストリングスの演奏方法を知ることで
曲に合わせた音を選ぶ目安になるよ。

それでは早速やっていこっか。

スポンサーリンク

ストリングスの演奏方法を覚えよう

ストリングスにもギターや
ベースのようにいろんなテクニックがある。

要するに弾き方があるんですな。

弾き方によって音がかなり変わってくるので
実際に音源を聞きながら確認していこう。

今回はLogicに付属している
EXS24のストリングス音源を使うよ。

ストリングス選択

他のDAWソフトでも
同じ音色は用意されていると
思うので確認してみてね。

使っているのはバイオリン

ちなみに打ち込んだMIDIも載せておくよ。

といってもただのドレミファソラシドなんだけどね。

ストリングスの演奏1

準備はいいかなー?

スポンサーリンク

よく使う演奏方法5種類紹介!

ストリングスでよく使う演奏方法は
以下の5種類。

  • レガート
  • スタッカート
  • ピチカート
  • トレモロ
  • トリル

これら5つです。順番に説明するね。

レガート(Legato)

一番ストリングスらしい演奏方法。

音が途切れず、繋がっているので
すごくなめらかに聞こえるのが特徴。

参考音源↓

ソロフレーズなんかに
使うとすごく綺麗に聞こえるよ。

ストリングスといえば、っていう弾き方。

スタッカート(Staccato)

短めに音を切り、リズミカルに演奏する方法。

参考音源↓

余韻が少なく、細かいフレーズ作りにも使える。

ピチカート(Pizzicato)

弓を使わず、指で弦を弾いて演奏する方法。

参考音源↓

指で演奏しているのでスタッカートよりも
少し柔らかい音がするよ。

また、「ポンッ」と音が鳴るのも特徴。

トレモロ(Tremolo)

ギターでもある演奏方法で、
弓を素早く動かし連続した音を出す弾き方。

これは同じ音でも、複数の音でもok。

参考音源↓

 

トリル(Trill)

これもギターでも使う奏法。
隣合う音を繰り返し演奏する方法。

参考音源↓

指の動きで音を変えるテクニック。
この音色はそれを再現してくれてるよ。

便利だー。

まずはこの5つの演奏方法から
ストリングスを試してみてね。

youmuはレガートとピチカートが好き。

同じフレーズでもかなり聞こえ方が変わるので
いろいろ試してみるのがいいよー。

LEAVE A REPLY

*

おすすめ音楽レビュー!

More

DTM初心者向け記事はこちら

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。
21881

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。

以前から気になってたトラックボール。 で、こないだついにケンジントンの SlimBlade Trackballをゲットしてきたyoumuだよ。 せっかくなので使った感想や DTMでの操作的にはどうなのか? ってとこも話しておく...
More
Return Top