DTM初心者集まれ!~youmu流DTM~ver.2

DTM機材レビュー、打ち込み、ギターなどなど

ストリングスの基本的な演奏方法5つを覚えとこ!〜ストリングス基礎知識3〜

ストリングスの基本的な演奏方法5つを覚えとこ!〜ストリングス基礎知識3〜

ストリングス打ち込み回第3回目。

ストリングスの演奏方法を知ることで
曲に合わせた音を選ぶ目安になるよ。

それでは早速やっていこっか。

スポンサーリンク

ストリングスの演奏方法を覚えよう

ストリングスにもギターや
ベースのようにいろんなテクニックがある。

要するに弾き方があるんですな。

弾き方によって音がかなり変わってくるので
実際に音源を聞きながら確認していこう。

今回はLogicに付属している
EXS24のストリングス音源を使うよ。

ストリングス選択

他のDAWソフトでも
同じ音色は用意されていると
思うので確認してみてね。

使っているのはバイオリン

ちなみに打ち込んだMIDIも載せておくよ。

といってもただのドレミファソラシドなんだけどね。

ストリングスの演奏1

準備はいいかなー?

スポンサーリンク

よく使う演奏方法5種類紹介!

ストリングスでよく使う演奏方法は
以下の5種類。

  • レガート
  • スタッカート
  • ピチカート
  • トレモロ
  • トリル

これら5つです。順番に説明するね。

レガート(Legato)

一番ストリングスらしい演奏方法。

音が途切れず、繋がっているので
すごくなめらかに聞こえるのが特徴。

参考音源↓

ソロフレーズなんかに
使うとすごく綺麗に聞こえるよ。

ストリングスといえば、っていう弾き方。

スタッカート(Staccato)

短めに音を切り、リズミカルに演奏する方法。

参考音源↓

余韻が少なく、細かいフレーズ作りにも使える。

ピチカート(Pizzicato)

弓を使わず、指で弦を弾いて演奏する方法。

参考音源↓

指で演奏しているのでスタッカートよりも
少し柔らかい音がするよ。

また、「ポンッ」と音が鳴るのも特徴。

トレモロ(Tremolo)

ギターでもある演奏方法で、
弓を素早く動かし連続した音を出す弾き方。

これは同じ音でも、複数の音でもok。

参考音源↓

 

トリル(Trill)

これもギターでも使う奏法。
隣合う音を繰り返し演奏する方法。

参考音源↓

指の動きで音を変えるテクニック。
この音色はそれを再現してくれてるよ。

便利だー。

まずはこの5つの演奏方法から
ストリングスを試してみてね。

youmuはレガートとピチカートが好き。

同じフレーズでもかなり聞こえ方が変わるので
いろいろ試してみるのがいいよー。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 弊店では信用第一主義を徹底しており社員全員下記の方針のもとに頑張っています。
    1.不適合品を入荷しない。
    厳しく受け入れ検査を行い、お客様に満足いただける品質のいい物だけを入荷する。
    2.不適合品を出荷しない。
    出荷前に細部まで二重確認を行い、お客様からご注文頂いた商品を納期通り出荷する。
    3.お客様からのクレームゼロ
    お客様第一主義を徹底し、お客様からのお問い合わせ、苦情等に対して積極的かつ丁寧に対応いたします。

LEAVE A REPLY

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ音楽レビュー!

More

DTM初心者向け記事はこちら

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。
27928

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。

以前から気になってたトラックボール。 で、こないだついにケンジントンの SlimBlade Trackballをゲットしてきたyoumuだよ。 せっかくなので使った感想や DTMでの操作的にはどうなのか? ってとこも話しておく...
More
Return Top