DTM初心者集まれ!~youmu流DTM~ver.2

DTM機材レビュー、打ち込み、ギターなどなど

Komplete Audio6の独立ボリュームがめちゃくちゃ便利!

Komplete Audio6の独立ボリュームがめちゃくちゃ便利!

先日購入したNIのオーディオインターフェース
Komplete Audio6ですがめちゃくちゃ快適です。

特にyoumuが気に入っているのが
マスターとヘッドホンのボリュームを
別々に調節出来るという点。

スポンサーリンク

Komplete Audio6のココが( ・∀・)イイ!!

Komplete Audio6では出力のボリュームを
独立して調節することが出来るんですね。

どういうことかというと、僕の持っていた
ローランドのオーディオインターフェース、
UA-25EXと比べて説明しましょう。

 

UA-25EX

これが先代UA-25EX。
一番右にOUTPUTという出力の音量調節ツマミがあります。

このツマミは接続しているスピーカ、
ヘッドホンなどの音量を一括で調整するものです。

なので、

「モニタースピーカーの音だけを少し下げたいなー」

となった場合はスピーカー自体の
ボリュームを下げないといけません。

僕の使用しているFostexのPM0.4nは
背面にボリュームがあって
いちいち調節するのがものすごく面倒なんですよね。

実際のボリュームツマミ↓
Fostex PM0.4n6

しかも1本づつ独立しているので

毎回左右のモニタースピーカーの
背面ボリュームをいじることになる。

めんどくさすぎる・・・。

しかし今回のKomplete Audio6は
ヘッドホンとマスターの出力が別なのだ!
スポンサーリンク

スピーカーとヘッドホンの音量調節を別で出来るよ。

つまり、モニタースピーカーの音量だけを
小さくしてもヘッドホン側の音量は変わらないのです。

これはスピーカーとヘッドホンで
交互にチェックしたりする時にめっちゃ便利。

Komplete Audio6本体

画像の中央がメインのボリューム。

 

Komplete Audio6本体全面

そしてこの画像の一番右がヘッドホンの出力調整ツマミ。

別々に音量を操作出来るのが
こんなにも快適だとは想像していませんでした。

DTM生活がさらに楽しくなりそうです。

⇛Komplete Audio6の詳細はこちら

LEAVE A REPLY

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ音楽レビュー!

More

DTM初心者向け記事はこちら

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。
27985

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。

以前から気になってたトラックボール。 で、こないだついにケンジントンの SlimBlade Trackballをゲットしてきたyoumuだよ。 せっかくなので使った感想や DTMでの操作的にはどうなのか? ってとこも話しておく...
More
Return Top