DTM初心者集まれ!~youmu流DTM~ver.2

DTM機材レビュー、打ち込み、ギターなどなど

コードを並べて曲を作る時に最初に覚えておいてほしいこと。

コードを並べて曲を作る時に最初に覚えておいてほしいこと。

「曲を作りたい!」って思った時に
まず躓くのがコード。

「コードってぶっちゃけどう並べればいいの?」

って時のポイントをまとめておきますね。

コードを並べて曲にする時のポイント

「そもそもコードって何?」

って人はこっちをとりあえず読んでね↓
→コードってのは何?

曲を作る時はメロディからとか
一個のフレーズからとかあるけど
基本的にコードがメインになってくる。

コードにはいろんな名前やら
響きやらがあって、一個ずつ
覚えていくのはかなりだるい・・・。

しかもそれを並べて曲にするとか
はっきり言って最初は意味不明!!

なので、並べる時の基本ルールだけ
とりあえず覚えちゃおう。

スポンサーリンク

ダイアトニックコードのメイン3つを並べる

これが一番早い。

ダイアトニックコードってのは
スケール(音階)の並びに合わせて
3つ重ねたコードのこと。

C(ド)メジャーのスケールだったら
ドレミファソラシドが使える音。

これをダイアトニックコードにすると

C Dm Em F G Am Bm♭5

というコードになる。

これはぶっちゃけ覚えてしまうのが楽。
もしくは曲作るときにググろう。
(youmuも覚えてない時は調べてた)

で、この7つのコードの中で
3つメインに使う奴がいる。

C F Gの3つ。

とりあえずこれを適当に並べてしまおう。

それとなーく曲になるから。

ギターやピアノが弾けるなら
実際に演奏してみて確かめるのもアリ。

弾けない場合はMIDIで打ち込んでみるべし。

 

3つのメインコードを使う時の決まり

この3つを適当に並べるんですが
いくつか守るルールがあります。

「えーめんどくせえ・・・」

と思う気持ちも十分わかるが
最初はルール通りにしてみるのがおすすめ。

そのルールは以下の通り

  • 最初と最後はCで終わる
  • Gの次はFを使わない

この2つ。

曲の初めと終わりはCのコードを使うこと。

Gを使った場合、次にFは使わない。
つまりG→Cという流れはセットだということ。
(今は3つしか使ってないのでこれでOK)

 

とりあえず理由は置いといて、
この3つのコードと2つのルールを
守って曲を作ってみるのが簡単。

コードの詳しいことはまた記事で!

LEAVE A REPLY

*

おすすめ音楽レビュー!

More

DTM初心者向け記事はこちら

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。
15175

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。

以前から気になってたトラックボール。 で、こないだついにケンジントンの SlimBlade Trackballをゲットしてきたyoumuだよ。 せっかくなので使った感想や DTMでの操作的にはどうなのか? ってとこも話しておく...
More
Return Top