DAWソフト紹介

Logicのコントロールバーとディスプレイをカスタマイズしてみよう。

どうも、youmuだよ。

Logicを使いやすくする機能シリーズ。

今日はコントロールバーと
ディスプレイをカスタマイズしてみよっか。

これやってるだけでかなり
操作が簡単になるのだ。

コントロールバーとディスプレイってどこのこと?

Logicのコントロールバーと
ディスプレイってのはココね。

コントロールバーディスプレイ

うん、ちっさくて見えないよね。

コントロールバーはココ。

Logicカスタム5 Logicカスタム6

一番再読の画像の左右にあるやつ。

ディスプレイってのは真ん中。

Logicカスタム1

ここを自分で好きに
カスタマイズすることが出来ちゃう。

youmuも最初はデフォルトの
ままでやってたんだけど教えてもらった。

カスタマイズすると・・・

  • ワンボタンでよく使う機能が選べる
  • テンポやリズムの変更も瞬時にできる
  • 出来る人っぽい気分を味わえる

最後のはいらないな笑

そしたら実際にやってみよう。
[ad#ad-1]

コントロールバーとディスプレイのカスタマイズ方法

やり方は簡単。

コントロールバーのエリアで右クリック。

Logicカスタム2

するとこんな表示が出てくるよ。

これをクリックしてみよう。すると・・・

Logicカスタム3

たくさん項目のある画面が表示されたかな?

ここがカスタマイズ画面だよ。

「ありすぎて意味がわからんorz」

って思うよね。大丈夫、簡単だから。

LCDをカスタムに変更!ディスプレイはこれだけでOK

まずはディスプレイの見た目をチェンジしよう。

Logicカスタム4

 

画面右側のLCDって項目の一番上。

ここクリックすると画像のように
選択肢が幾つか出る。

ここを「カスタム」にしよう。

すると・・・

Logicカスタム7

こんな感じで通常よりも
いろんな情報が表示されるよ。

テンポ、拍子、MIDI入出力からCPUの使用率まで。

通常状態(ビートとプロジェクト)とくらべてみよっか。

Logicカスタム8

これが通常状態。なんか短いね・・・。

ディスプレイがカスタムだと打ち込みで、

「あ、連符打ち込みたいな・・・」

みたいな時でも/16から/24に
切り替えて6連符とかをすぐに打ち込める。

これ教えてもらった時感動した。

地味にCPU使用率がメータで
把握出来るのも嬉しいところ。

重たいソフトを立ち上げてる時は
ささっとチェック出来るしね。

試してみるべし。

コントロールバーは好みに合わせてカスタマイズ!

次はコントロールバー。

ここをカスタマイズしたい場合は・・・

Logicカスタム8

この3つのエリアから、
自分に必要なものだけにチェック入れればOK。

youmuのおすすめ機能はこの2つ

youmuのおすすめは

  • 録音結果を取り込む(トランスポート)
  • オートパンチ(モードと機能)

の2つかな。

Logicカスタム9

録音結果を取り込むってのは
曲を再生しながらMIDIキーボードで適当に弾いてたとしよう。

「あ、今のやつよかった!これ使いたいなー」

って時に録音結果を取り込むで
さっき演奏したMIDIを取り込んでくれる。

いざ録音ってするとどうしても
フレーズ思いつかないとか、

「さっき弾いた音どれだっけ?」

ってな時に便利。

オートパンチはソロだけ
ギターの録り直しをしたい時に使えるよ。

Logicカスタム10

選択した範囲だけ録音出来るから
ちょっと前から録音開始して
曲のノリを保ちながらソロの録り直しが可能。

カスタマイズで全部の項目を
表示させる必要はないよ。

実際に表示させてみて、
あなたがよく使うものだけを残そう。

便利になることも多いから
試しにいろいろカスタマイズしてみてね!