DTM初心者集まれ!~youmu流DTM~ver.2

DTM機材レビュー、打ち込み、ギターなどなど

LogicでMIDIをオーディオに変換するにはバウンス機能を使おう

LogicでMIDIをオーディオに変換するにはバウンス機能を使おう

「MIDIで打ち込んだトラックを
ミキシングのためにオーディオへ変換したい。」

「フレーズだけ打ち込んでみたから
メンバーに聞かせるためにオーディオにしたい」

そういう時はLogicのバウンス機能でMIDIを
オーディオトラックに変換してあげよう。

MIDIデータをオーディオにするにはバウンスを使う

例えばyoumuがさっきなんとなく
MIDIキーボードで打ち込んだのがコレ。

MIDIの状態

この状態だとLogic内では再生出来るけど
当然itunesとかでは無理。

このトラックはオムニ2のシンセリードを
使ってるんだけどその音色も渡す相手が
オムニ持ってなければ当然同じ音ではならない。

どうせ聞かせるなら当然今選んでる
音色でこの打ち込んだメロを聞いてほしいよね。

そこで、これをオーディオファイルに変換する。

その時に使うのがLogicでは
「バウンス」と呼ばれる機能。

バウンスをやってみよう

やり方はすごく簡単。オーディオにしたい
MIDIリージョンをクリックして選択。

その後右クリック。

バウンスの方法

こんなメニューが出てくるから一番上の
「所定の場所にバウンス」をクリック。

もしここに表示されていない場合は
下の一覧から「バウンスして結合」の中に
「所定の場所にバウンス」があるよ。

バウンスの設定

こんな画面に。名前わかりやすいもので
あればなんでもOK。

ただし、注意してほしいのは「ノーマライズ」の項目。

ここは必ず「オフ」にしておくこと!!
ノーマライズってのは音が割れないように
自動でしてくれる機能なんだけど楽器の
ニュアンスまでなくなっちゃうので絶対オフ。

ミキシングとかする場合も必ずオフ。
あとでコンプかけるから調整はその時にやればOK。

これでOKをクリックすると・・・

バウンス後のオーディオ

新しくトラックが作成されて、
そこにMIDIデータがオーディオに変換されたものが出来る。

スポンサーリンク

オーディオファイルとして書き出しも出来るよ

もしLogic内ではなくて、そのまま
デスクトップなどにオーディオファイルを
保存したい場合は「書き出し」から
「オーディオファイルとして書き出し」を選ぼう。

オーディオファイルとして書き出し

すると保存先を選ぶ画面が表示される。

オーディオファイルとして書き出し2

名前をつけて、保存したい場所を選ぶ。
この時もノーマライズはオフで。

フォーマットは基本WAVEの16ビット。

これでオーディオファイルとして配布したり
普通にitunesなどで聞くことが出来るよ。

おすすめ音楽レビュー!

More

DTM初心者向け記事はこちら

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。
15154

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。

以前から気になってたトラックボール。 で、こないだついにケンジントンの SlimBlade Trackballをゲットしてきたyoumuだよ。 せっかくなので使った感想や DTMでの操作的にはどうなのか? ってとこも話しておく...
More
Return Top