DTM初心者集まれ!~youmu流DTM~ver.2

DTM機材レビュー、打ち込み、ギターなどなど

Logicで複数のトラックをまとめて管理するTrack stackを使う

今日はyoumuも普段からよく使っている
Logicの機能の一つフォルダスタックを
使って複数トラックをまとめる方法をご紹介。

スポンサーリンク

Logicで複数のトラックをまとめてみよう

Logic Xからの機能だっけかな、これ。

例えば以下のようなギターが
複数トラックであるとする。

フォルダスタック

わかるように今は5つ色分けしてるよ。

ギターとかで重ね録りすると
いくつもトラックが出来るよね。

曲を作っていくと、もちろん
ドラムやベース、シンセやその他。

たくさんトラックが出来ていって
どんどん把握するのが難しくなってくる。

曲にもよるけどトラックって、
50トラックとかになってくるからわけわかんないorz

「あれ、ギター・ソロのトラックどこいった??」

とかエフェクトの差し間違いとか。

「いや、ないでしょww」って
思うかもしれないけどずっとDAWの
画面見てると混乱してくるって。

そこでトラックをまとめちゃおうと思ったわけ。
スポンサーリンク

Logicでフォルダスタックを使ってみよう

んじゃこのトラックをまとめるために
フォルダスタックを使ってみよう。

フォルダスタック2

まとめたいトラックをすべて選択して
(shift押しながらクリックね。)
トラックのエリアで右クリック。

「Track Stackを作成」って項目があるのでそれをクリック。

フォルダスタック3

「どちらのタイプのTrack Stackを作成しますか?」
って聞かれるから、「フォルダスタック」
選択して作成をクリック。

フォルダスタック4

するとさっきの5つのギタートラックが
1つのトラックがまとまった。

Sub2って書いてある名前は
後からでも変更出来るからお好みで。

「さっきのギタートラックはどこいったの?」

って時は「Sub2(名前)」の左に
ある三角の矢印をクリック。

フォルダスタック5

こうするとまとめたトラックがずらっと表示されるよ。

ちなみに別のトラックをドラッグして
このTrack Stackに入れることも可能。

もちろんその逆でまとめたトラックから
出すことも可能。知っておくと便利だから使ってみてね。

おすすめ音楽レビュー!

More

DTM初心者向け記事はこちら

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。
20783

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。

以前から気になってたトラックボール。 で、こないだついにケンジントンの SlimBlade Trackballをゲットしてきたyoumuだよ。 せっかくなので使った感想や DTMでの操作的にはどうなのか? ってとこも話しておく...
More
Return Top