DTM初心者集まれ!~youmu流DTM~ver.2

DTM機材レビュー、打ち込み、ギターなどなど

オススメ小型MIDIキーボード~持ち運び編にも便利~

オススメ小型MIDIキーボード~持ち運び編にも便利~

今回はMIDIキーボードの中でも小型で、
持ち運びのしやすいタイプを紹介していこうと思います。

パソコンで言うと、
ノートパソコンのような役割ですね。

自宅で使う人も、小さいので構わないって方は
見ておくと参考になる部分があるかもです。

スポンサーリンク

MIDIキーボード~持ち運びコンパクト重視~

ではいってみよ~!

KORG MICROKEY

スクリーンショット 2012-12-14 21.12.35

見たことある人も多いと思いますが、まずはこれ。
KORGからMICROKEYという製品です。

パッと見鍵盤が3オクターブあるので
「大きいのか?」と思いがちですが、
名前の通りかなり小さく作られています。
とても軽いので持ち運びも楽ですね。

鍵盤のタッチは大きいタイプに比べてやはり
ちょっと見劣りしちゃいますが、比較的弾きやすかったです。
あ、鍵盤一つ一つの奥行きがちょっと短いと感じました。

左にはピッチベンド、
モジュレーションホイールが装備されています。

操作した感じは結構固めで
グイグイ押しても大丈夫そう。

接続はパソコンとUSBで繋ぐだけのシンプル設定。
他の機材で拡張するためにUSB差し込み口は2つになってます。
ボタンなどは無し!

バンドル品もがっちり付いてきます。

  • DAWソフトはLiveのクーポン券(ソフト自体はつかないみたい)
  • ドラム音源 EZDrummer lite(ダウンロード)
  • シンセ音源 M1Le(ダウンロード)

といった感じ。

KORGのシンセ音源を体感出来るってのは
結構ポイント高いです。
EZDrummerはかなり有名な音源の割に、
初心者でも扱いやすいのでお得ではないでしょうか。

DAWもついて欲しかったなー。
まあ、値段が安いからよしとしましょう。

KORG MICROKEY 評価

  • 鍵盤の質   3.8
  • 使いやすさ 4
  • 値段    4.5
  • コンパクトな割に操作性が高い
  • ノートパソコンの人は家でも外でも扱いやすい
  • 付属品の量に対して値段がリーズナブル

これらの部分がいいね。

外出用として紹介してるけど、
自宅のスペースが少ない人にも十分おすすめ。

DAWソフトは自分で選んだ方がいいですし、
オーディオインターフェースとかにも
付属していることが多いですからね。

人気もあるしね。

→ microKEYはこちらから

「もっとコンパクトものはないのか!」
という方のために次の紹介に行きましょう。

スポンサーリンク

KORG nano key2

nanokey2

同じくコルグからです。

nano2シリーズには

  • MIDIキーボード、
  • MIDIコントローラー
  • フェーダー

の3種類があります。

その中でMIDIキーボードのnanokey2を紹介。

まず特徴として、恐ろしく小さくて軽いこと。
とっても薄く、持ち運ぶにも邪魔になりません。

パソコンのキーボードくらいの薄さなんで、
最初は驚きますよ笑

次に、安いこと。
コンパクトタイプのMIDIキーボードでも
多分一番安いと思います。

肝心の鍵盤ですが・・・。
お世辞にもこれを鍵盤とは言えません。(僕が操作した感想です)

鍵盤の様に配置した、
パソコンのキーボードって感じです。
ノートパソコンのキーボードあるじゃないですか。
押した感じがあれくらい軽いです。

ベロシティにはちゃんと対応しています。
押した強さで音の大きさ変わりますよ。
それと、サスティーンボタンがあります。

サスティーンというのは音の持続を調節するもので、
nano key2ではボタンを押していると音を伸ばすことが出来ます。

ピアノの足で踏む部分って言ったらわかりますかね?
それと同じことがボタンで出来ます。

バンドル品は上のMICROKEYと同じです。
この値段でバンドルをつけるのはさすがKORG。

25鍵でオクターブチェンジも付いていますが
演奏には絶対向いていません。

外でさっと取り出すのは確かに便利です。
薄いからかさばらないしね。

nano key2 評価

  • 鍵盤の質   2.5
  • 使いやすさ  3
  • 値段     4.8

nano key2に鍵盤の質は求めちゃダメです。
MIDIキーボードですが、
叩いて音を出すコントローラーくらいに
割り切るとすごく楽しいです。

鍵盤を弾けなくてもパソコンを触り慣れている人には
馴染みのあるタッチだと思います。

  • 外出用に軽くてかさばらないやつがいいという方
  • 鍵盤弾けないし、ちゃっちくてもいいという方
  • 値段が安いものがいい

これらに当てはまる方なら選択肢の一つではあります。

使いどころを決めて、
鍵盤のタッチを割り切るということが大事です笑

ちなみにこのnanoシリーズは
3つセットだと単体で買うよりお得です。
→ NANOKEYはこちら

なんかKORG紹介記事みたいになってしまった・・・。
次もMIDIキーボード紹介やるのでまた見てください。

今回はここまで。お疲れ様でした。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. miniキーボードですか。

    僕も欲しいなあと思っていたのですが、お安いようなので、
    いつか購入したいかもです。参考記事参考になりました。

    ありがとうございます。

    • higurasiさん
      コメントありがとうございます。

      参考になったみたいで嬉しいです。
      また機材系の記事も書くので
      遊びに来てやってくださいm(_ _)m

      ありがとうございました。

  2. 今はmicroKEYのバンドル品を増えてきて、このページの紹介の他に、Lounge Lizard Session(物理モデル音源)、Ultra Analog Session(アナログ・モデリング音源)、Strum Acoustic Session(物理モデル音源)、Reason Limited(DAW)が付きました。つまりついにDAWもバンドルされました。この商品のバンドル品の多さは凄いですね・・。当商品の旧パッケージ版を持っている方は、KORGのユーザー登録を済ませれば追加分のバンドル品を手に入れることが出来るそうです。

    • shimidaiさん
      コメント&追加情報有難うございます!

      MIDIキーボード一つでそこまで
      揃ってしまうなんてとてもお得になってるんですね!

      コメントありがとうございます!

LEAVE A REPLY

*

おすすめ音楽レビュー!

More

DTM初心者向け記事はこちら

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。
25501

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。

以前から気になってたトラックボール。 で、こないだついにケンジントンの SlimBlade Trackballをゲットしてきたyoumuだよ。 せっかくなので使った感想や DTMでの操作的にはどうなのか? ってとこも話しておく...
More
Return Top