DTM初心者集まれ!~youmu流DTM~ver.2

DTM機材レビュー、打ち込み、ギターなどなど

ベースのゴーストノートを使いこなそう!~ベースの打ち込み実践テク~

ベースのゴーストノートを使いこなそう!~ベースの打ち込み実践テク~

以前ドラムのゴーストノートについて説明しましたが、今回もゴーストノートです。

今日はベースのゴーストノートを理解して、
よりファンキーなリズムを作ろう!というのが目標です。

(サンプル音源が聞こえにくい場合、イヤホンをおすすめします)

スポンサーリンク

ベースのゴーストノートって何?

すごく簡単に言うとミュートのこと。

「ミュート音って?」という方のために説明すると、
「ザッ」とか「プッ」というような音程のない音です。

実際に演奏するときは、
弾く弦を押さえるというよりは弦に触れて弾く。

ベースを持っている人はやってみて。

弦楽器は特にミュート音を使った
打ち込みが重要なポイントなので覚えておいてね。

ベースにおけるゴーストノートの
使いどころは大きく分けて2つ

  • フレーズ全体に疾走感を追加する
  • スラップ奏法で使用しファンキーなノリを出す

こんな感じです。
主にリズムにノリを出すのに重要なんですね。
スラップ奏法はまた1記事使って詳しくやります。

ゴーストノートを鳴らしてみる

じゃあ実際に打ち込んでいきましょう!

まずはゴーストノート、つまりミュートされた音をどうやって打ち込むかですね。

やってみましたので画像と音源をどうぞ!

画像(クリックで拡大)
base_ghostnote

音源

「ボッ ボッ ボッ ボッ」っというふうに聞こえないかな?

あまり音程は感じないよね。

画像を見てもらえれば分かる通り、
デュレーションが極端に短いんだよ

デュレーションは音の長さだったよね。

つまり、とても短い音にしてるのだ。

ベロシティは弱めと強めの
両方のパターンを打ち込んでます。

弱めは40くらい、強めは80くらいです。
前半と後半で音の強さが違うのはその効果。

ベロシティが弱いと落ち着いた感じに、逆に強いと派手に聞こえます。

この画像では「ミ」のところに
打ち込んでるけど、
打ち込む所はどこでもok。音程を気にしない音なので。

ただ、フレーズの間に挟む場合、同じ音をミュート音にした方が自然です。

ではこのゴーストノートをフレーズの間に打ち込んでみよう。
スポンサーリンク

ゴーストノートを使ったフレーズ

まずはゴーストノートなしの場合。

画像(クリックで拡大)
ゴーストノートなし

音源

とりあえず一つの音だけを使って打ち込んでみた。

なんか寂しい・・・。

それにフレーズが裏拍から始まっているから
すごくわかりにくい。
これにゴーストノートを追加すると・・・。

画像(クリックで拡大)
ゴーストノートあり

音源

さっきよりリズムにノリが出てきたと感じないかな?

小さな「ズッ」っという音の
おかげでリズムも取りやすい。

同じ音では面白く無いから、
フレーズの音程だけを動かしてみた。

画像(クリックで拡大)
ゴーストノート完成

音源

さっきよりゴーストノートがはっきりしたね。

ゴーストノートの入れる場所は色々試してみよう。

よく入れられるのは拍の頭や16分の裏

ファンクダンスロックを作りたい人は
これが出来ると強い武器になるのでマスターしようね。

ゴーストノートを覚えるとフレーズの作り方にも幅が広がるよ。それ以外の人も知っていて損はないよ。

最初は短いフレーズから作るといいかな。ということで、ベースのゴーストノートについての説明でした!

今回はここまで。お疲れ様でした。

LEAVE A REPLY

*

おすすめ音楽レビュー!

More

DTM初心者向け記事はこちら

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。
26175

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。

以前から気になってたトラックボール。 で、こないだついにケンジントンの SlimBlade Trackballをゲットしてきたyoumuだよ。 せっかくなので使った感想や DTMでの操作的にはどうなのか? ってとこも話しておく...
More
Return Top