DTM初心者集まれ!~youmu流DTM~ver.2

DTM機材レビュー、打ち込み、ギターなどなど

ピアノの打ち込みにチャレンジしてみよう~ピアノ実践編1~

ピアノの打ち込みにチャレンジしてみよう~ピアノ実践編1~

今回から実際にピアノ(鍵盤楽器)の打ち込みをやっていこっか準備はOK?やっていこっか。

スポンサーリンク

ピアノの打ち込みをやってみよう

まずMIDIトラックを新しく作って、ピアノの音源をセット。

鍵盤楽器の音色であれば基本的に問題なし。初心者の人は最初はピアノが分かりやすいと思うよ。

音色の変更は後でも可能だから。テンポはBPM120に設定。これで準備はok。

まずはドレミファソラシド

一番初めに、みんなご存知の「ドレミファソラシド」を打ち込んでみよう。

マウスで一つずつ打ち込もっか。この時の打ち込む音の高さは一番基本の「ド」から。

具体的にはC3の「ド」です。
画像と音源を参考に探してみてくださいね。

打ち込んでみた画像(クリックで別ウインドウに開きます。)
ドレミピアノ

音源

見つかったらここから
「ドレミ・・」と打ち込んでいこう。

音符の長さは4分音符にしよう。
上の音源と同じならok。

ミとファ、シとドの間隔だけ
他よりも狭いので間違えないように!

ちなみにベロシティ(音の強さ)はいじらなくてok。

さすがに「ドレミ~」だけだと面白くないね。じゃあ次は短いメロディを打ち込んでみよっか。

今回は

  • 音符の長さは自由
  • 全体で4小節に収める
  • テンポはそのまま
  • 使用する音は「ドレミファソラシド」のみ(つまり白鍵盤だけ)

と決めておくよ。

頭で考えるよりも、歌いながらや
MIDIキーボードで弾きながらの
方が思いつきやすいと思います。

次の記事でいくつかの例を載せますが、
必ず自分でやってみてから見ることをおすすめします。

やってみることが一番理解しやすいと思いますので。

それでは今回はここまで。お疲れさまでした。

LEAVE A REPLY

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ音楽レビュー!

More

DTM初心者向け記事はこちら

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。
26707

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。

以前から気になってたトラックボール。 で、こないだついにケンジントンの SlimBlade Trackballをゲットしてきたyoumuだよ。 せっかくなので使った感想や DTMでの操作的にはどうなのか? ってとこも話しておく...
More
Return Top