DTM初心者集まれ!~youmu流DTM~ver.2

DTM機材レビュー、打ち込み、ギターなどなど

白鍵だけでいろんなメロディパターンを作るコツ〜ピアノ打ち込み実践編2~

白鍵だけでいろんなメロディパターンを作るコツ〜ピアノ打ち込み実践編2~

※ピアノの打ち込み記事の最初から読むのがおすすめ。

⇛ピアノの打ち込みその1はこちら

さて前回の記事(こちら)を読んだなあなたはメロディを作ることが出来たかな?

今回はyoumuがいくつか用意したメロディで、
どんなパターンが出来るのか説明していくよー。

スポンサーリンク

いろんなメロディパターンを打ち込んでみよう。

※下のパターンは自分でメロディを打ち込んでから聞いてください

同じ音の連打でもメロディになるよ

参考画像(クリックで拡大)
ピアノパターン1

音源

同じ音の連続を意識してみた。

「ド」が3つ、「レ」が3つ、「ミ」が3つの塊になってるね。

同じリズムを続けることで、聞き手にも分かりやすいよ。

音程を低くしてベースの音源で演奏するのもありかなーと思います。ボーカルにも他の楽器でも使えそう。

長い音を使ってみる

参考画像(クリックで拡大)
ピアノパターン2

音源

パターン1よりもゆっくりしたリズムになってるよ。音符は2分音符ばっかり。

こう言うのはバラードとか
ゆっくりな曲に使いたいパターン。

オルガンなどの余韻が長い楽器もはまりやすいよ。

デュレーションを変化させてリズミカルに!

参考画像(クリックで拡大)
ピアノパターン3

音源

16分音符を多めに打ち込んで、音が切れる所と伸ばすところのメリハリを付けてた。

他の2つとはまた違った感じだね。音色を鉄琴とかベルの音に変えても面白いよ。

ピアノで作って他の音色に差し替えることも全然ok。youmuなら「ギター→ピアノに打ち込み直す」という感じ。

どうだったかな?今回使用した音は「ドレミファソラシド」だけ

ついでに言うと、ほぼ1オクターブ
(ドレミファソラシドの塊一つ分)のみしか使ってない。

もちろんそれより高い音、
低い音も使ってもらって大丈夫。

最初からめちゃくちゃかっこいメロディが
作れる人なんてそうはいないから。

実際上のパターンですが
特に難しいことはしてないよ。
(かっこいいかは置いといて。)

MIDIトラックは部分的な修正が簡単なので、

「最後の音を変えたらどうなる?、リズムを長くしてみると?」

といった試行錯誤がしやすいのがメリット。

思いついたら試す!これ大事( ´ ▽ ` )ノ
スポンサーリンク

メロディを作るコツ

コツというか、ちょっと気にして欲しい事があります。

曲を作る場合、作るメロディの役割を
考える事を意識してみてください。

例えば・・・

  • ボーカルの歌うメロディ
  • ピアノで弾くイントロ
  • Aメロの後ろで鳴っているメロディ

こんな感じです。

ボーカルのメロディなら
人が歌えるメロディにしないと歌えないですよね?

あまりに音が高すぎたり、
息継ぎもないくらい早いメロディではいけませんよね。

イントロなら静かに始まるなら
あまり音が動きまわらない方がいいとか、
アップテンポな曲なら派手にしてみるとか。

そこまで考える必要は今はないけど

「プロの方やかっこいい曲を作る
人達はそういう所も考えているんだ~」

と知ってもらえればokです。

実際youmuは作ったメロディが
どう考えても歌えないメロディだったりしたことがあったorz

メロディはあなたが思いついたように打ち込んでみてね。

長くなりましたが今回はここまでです。お疲れさまでした。

LEAVE A REPLY

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ音楽レビュー!

More

DTM初心者向け記事はこちら

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。
27985

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。

以前から気になってたトラックボール。 で、こないだついにケンジントンの SlimBlade Trackballをゲットしてきたyoumuだよ。 せっかくなので使った感想や DTMでの操作的にはどうなのか? ってとこも話しておく...
More
Return Top