DTM初心者集まれ!~youmu流DTM~ver.2

DTM機材レビュー、打ち込み、ギターなどなど

シンセサイザーのLFOってどう使えばいいの?~シンセ初心者脱出基礎3-4~

シンセサイザーのLFOってどう使えばいいの?~シンセ初心者脱出基礎3-4~

シンセの各部分理解出来てきたかな?意味不明の用語やパラメーターの多さに最初は混乱するよねー。

自分で触りながら各機能の役割を覚えていってね!

今回は、youmuが一番理解するのに時間がかかった、というより難しそうで手を付けなかったLFOについての説明。

いつも通り、音作りの流れから確認しよう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シンセでの音作りの流れ復習

参考画像
音作りの流れ改訂

ふむ、画像を見ると

LFOからの矢印はオシレーター、フィルター、アンプの全てに向かっていますね。これはどういう事なんでしょう?

LFOの役割、使い方

LFOの役割は

指定したパラメーターを周期的に変化させ、音量や音色の変化を作ること

え?分かりにくい?じゃあもっと簡単にしましょう。

LFOの役割は

リアルタイムで変化させたいツマミを、自動で回してくれる便利な部分

です。これだとなんとなくわかりますか?

前々回フィルターの説明をしたよね。

例えば、フィルター部分に
LFOがかかるように設定すると
cutoff(synth1だとfrq)が自動で変化する。

つまり音色が変わるんです。

ハードシンセを持っている人がライブ中につまみを動かしてるの見たことない?あれはリアルタイムで音を変化させるためにしてるんだよ。

けど、毎回正確に狙った音色変化を人力でやるのはかなりシビア。それにソフトシンセの場合はマウスで調節するので余計に現実的ではない。

そのためのお助け機能がLFOです。

人間では出来ないような高速のフィルター変化も
LFOでタイミングを設定してやれば可能です。

多分シンセのパラメーターの中で、
一番音色の変化を楽しめる部分だと思います。

で、2つのシンセではLFOはどこ?
参考画像 synth1
synth1-基本

参考画像 es1
es1改善

黒い枠で囲んだ所です。

拡大画像はこちら↓↓
参考画像 synth1
LFO

参考画像 es1
ES1 LFO

画像を見るとsynth1にはLFOが2つ、
es1には1つ装備されています。

LFOの数はシンセによって違うので、
手持ちのシンセの画面から探してみてね。

それでは、各部の詳細説明にいこっか。
スポンサーリンク

LFOのパラメータをチェック

Wave

LFOで使用する波形です。
選択できる波形の種類はシンセによって様々です。

選択した波形によって変化の仕方が違うので、
色々試してみることが重要です。

synth1だと6種類、es1だと7種類ですね。
※es1のEXTというのは一応数に入れましたが、最初は無視してokです

Rate(synth1だとspd)

レイトと読みます。

音の変化する速さを決定します。

synth1の場合、右に回すと変化の周期が早くなります。
es1は左に回すと曲の速さに合わせて変化します。

変化の速度は左に回すほど早くなります。
真ん中より右に回すとfreeと書いてある通り、
ランダムに変化します。右に回す程早く変化します。

amt(es1はInt via Whl)

Amount(アマウント)と読みます。
これで変化の深さを調節します。

右に回すほど、LFOの効果が深く(強く)かかります。

es1はInt via Whlというのがこれにあたります。
右の方にある上下に動かすフェーダーがそうです。

呼び方が違うだけで効果は一緒です。

下にRateAmountの関係について、
図にしてみたので参考にしてみて下さい。

Rateとamtの関係
画像(クリックで拡大)
rateとamtの関係

LFOをかける場所の指定

synth1なら真ん中、es1なら右はじに[osc2、Mix、Cutoff]
と書かれた部分があると思います
(拡大画像参照)

この中で自分が変化させたいパラメーターを選択。

画像を見てみると、シンセによって指定できるパラメーターが違うのがわかるかな?

実践してみる事をおすすめします

音が変化するのを実際に感じてみたい場合

1.前回やったエンベロープのD(Decay)が
長め(大きめ)の音を作るか、プリセットから選びます。

2.そしてLFOをかける場所をsynth1ならFilterやpan
(左右の変化。ヘッドホン推奨)
es1ならcutoffVolumeがおすすめ。

3. amt(es1はInt via Whl)
強めにしておくと効果がより分かりやすい。

LFOを使いこなせるようになれば、よりシンセらしい、
音が変化していくサウンドを作ることが可能になります。

トランスなどでは必須でしょうし、
ちょっと変態的なサウンドが好きな方も
自分で出来るようになると音作りの幅が広がります。

また、薄くかければビブラートや
トレモロのような効果も出せるので試してみてね。

前回と今回は長かったですが、
頑張って読んでもらえたらうれしいよ。

今回はここまで。長文読んでいただきありがとうございました。

LEAVE A REPLY

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめ音楽レビュー!

More

DTM初心者向け記事はこちら

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。
27972

ケンジントンのSlimBlade Trackballを買ったのでレビュー。

以前から気になってたトラックボール。 で、こないだついにケンジントンの SlimBlade Trackballをゲットしてきたyoumuだよ。 せっかくなので使った感想や DTMでの操作的にはどうなのか? ってとこも話しておく...
More
Return Top